動詞

基本的な英文で主語の次にくるが動詞です。動詞はあるものの動作や状態を表します。この動詞は、文章の一番「核」となるものです。動詞には、原形、現在形、過去形、現在分詞形、過去分詞形の5つの語形変化があります。 それらを動詞の活用といいます。動詞の活用には規則的な変化をするものと、不規則な変化をするものがあります。英文を理解する上で、動詞の活用を覚えておくことは不可欠です。では、これから、動詞について詳しく見ていくことにしましょう。
※)このウェブサイトは、中学英語をすでに理解している人に向けて、文法の解説しています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

be動詞
一般動詞(現在形)
一般動詞(過去形)
一般動詞(過去の否定文・疑問文)
自動詞と他動詞
群動詞

「英文法の解説」のトップページに戻る