一般動詞(過去の否定文・疑問文)〜英文法の解説

ここでは、一般動詞(過去形)の否定文と疑問文は、どのようにして作ればいいのかを解説しています。中学英語で学習したことですが、意外に忘れているかもしれませんので、このページをしっかりと読んで復習するといいでしょう。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


一般動詞の過去の否定文

一般動詞の過去の否定文を作る場合は、どの主語がきても動詞の前に「did not (=didn't)」を置いて過去の否定文にします。
「did not (=didn't)」の後ろにくる動詞は、かならず原形の形となりますので注意しましょう。主語が3人称・単数であっても、did not (=didn't)の後ろにくる動詞には「−s」や「−es」は付きません。

He watched TV last night. → He didn't watch TV last night.
(彼はきのうの夜テレビを見た。 彼はきのうの夜テレビを見なかった。)
She came to the party.   → She didn't come to the party.
(彼女はそのパーティーに来た。 彼女はそのパーティーに来なかった。)

スポンサード リンク


一般動詞の過去の疑問文

一般動詞の過去の疑問文を作る場合は、文の初めに[Did]をもってきて、[Did+主語+動詞の原形〜?]という語順にします。
答え方は、Yes,[代名詞]did./No,[代名詞]didn't.となります。
主語が3人称・単数であっても、Didの後にくる動詞には「−s」や「−es」はつきません。必ず動詞の原形がきますので、過去の文から疑問文に書き換えるときは注意しましょう。

He enjoyed the party.   →   Did he enjoy the party?
(彼はそのパーティーを楽しんだ。 彼はそのパーティーを楽しみましたか?)
Yes,he did./No,he didn't.
(はい、楽しみました。/いいえ、楽しみませんでした。)

She bought a new bag.   →   Did she buy a new bag?
(彼女は新しいかばんを買った。  彼女は新しいかばんを買いましたか?)
Yes,she did./No,she didn't.
(はい、買いました。/いいえ、買いませんでした。)


(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る