be動詞〜英文法の解説

このページでは、be動詞の現在形、過去形、否定形、疑問形について学習します。基本的なことですが、復習のために、このページをしっかりと読むといいでしょう。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


be動詞の現在形

「am」「are」「is」のことをbe動詞といいます。be動詞は、主語が何であるか、あるいは、どんな状態かを表します。

(例)
・I am Jim.(わたしはジムです。)
・You are a student.(あなたは生徒です。)
・He is hungry.(彼はお腹がすいています。)
・They are my friends.(彼らはわたしの友達です。)

主語の人称が何であるかによって、また、時制によってbe動詞が変わってきます。さらに、主語が複数か単数かによっても変化しますので注意しましょう。

・I(私は) … 「am」(1人称)
・You(あなたは) … 「are」(2人称)
・He,She,It,That,John(彼は、彼女は、それは、あれは、ジョンは)… 「is」(3人称)

*主語の人称の区別の仕方は次のとおりです。
「私」…1人称
「あなた」…2人称
「それ以外の人・もの」…3人称

主語が複数の場合は、be動詞はいつも「are」となります。

・We,You,They,These,Nancy and Mary(私たちは、あなた方は、彼らは、これらは、ナンシーとメアリーは)…「are」

スポンサード リンク


be動詞の過去形

be動詞の過去形は以下となります。

「am・is」が「was」で、「are」が「were」


主語が単数のときは以下となります。

I(私は),He(彼は),She(彼女は),It(それは) …「was」
You(あなたは)…「were」

主語が複数のときは以下となります。

We(私たちは),You(あなた方は),They(彼らは)…すべて「were」

例文を見てみましょう。

(例文)
I am happy.   → I was happy.
(私はうれしい。   私はうれしかった。)
They are busy.  → They were busy.
(彼らは忙しい。   彼らは忙しかった。)

否定文にする場合は、was やwereのあとに[not]をつけます。
was notの短縮形は wasn't 、were notの短縮形は weren'tです。
短縮形の方がよく使われるので、つづりを覚えておきましょう。

(例文)
The movie was interesting. → The movie wasn't interesting.
(その映画は面白かった。    その映画は面白くなかった。)
They were tired.      → They weren't tired.
(彼らは疲れていた。      彼らは疲れていなかった。)

疑問文にする場合は、be動詞を文の初めにもってきます。
[Be動詞+主語〜?]の語順にします。主語に合わせて、was かwereを使い分けます。
答え方は、Yes,[代名詞]was/were.  No,[代名詞]wasn't/weren't.となります。

(例文)
Was Tom busy yesterday?    →  Yes,he was./No,he wasn't.
(トムはきのう忙しかったのですか? はい,彼は忙しかったです。/いいえ、彼は忙しくありませんでした。)
Were they your friends? → Yes,they were./No they weren't.
(彼らはあなたの友達でしたか? はい,友達でした。/いいえ,友達ではありませんでした。 )


(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る