時制

英語の動詞には、時制を表すために、大きく分けて、「現在形」と「過去形」があります。もちろん、現在のことなら、現在形、過去のことなら、過去形を使うわけですが、そもそも、現在とはいつのことなのでしょうか。ここでは時制について解説していきます。
※)このウェブサイトは、中学英語をすでに理解している人に向けて、文法の解説しています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

時制を表現する英文
現在形
現在の状態を表現するための現在形
現在の習慣的動作を表現する現在形
普遍的な真理や事実、一般的な事実などを表現するための現在形
現在進行形
今現在、進行中の動作を表現する現在進行形
近い未来を表現する現在進行形
進行形にできない動詞
進行形にできない動詞(be動詞)
進行形にできない動詞(継続状態を表現する動詞)
進行形にできない動詞(知覚や感情などを表現する動詞)
進行形にできない動詞(思考を表す動詞)
同じ動詞でも意味によって進行形になるかどうかが決まる
現在進行形の疑問文

「英文法の解説」のトップページに戻る