同じ動詞でも意味によって進行形になるかどうかが決まる〜英文法の解説

同じ動詞でも意味によって進行形になるかどうかが決まります。どういうことでしょうか。詳しくこのページで解説していきます。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


進行形にできる場合、できない場合

例えば、「わたしは車を持っている」という英文を作ってみましょう。
以下になります。

I have a car.

この場合、動詞の have は状態を表します。
ですから進行形にすることはできません。
間違えて、I am heving a car. なんて表現すると、全く意味が通じなくなりますので注意しましょう。

正しい表現を使うために、文体の中で、動詞が状態を表すのか、それとも動作を表すのかを見極めなければなりません。

上記の例文の have は状態を表しますが、この場合はどうでしょうか?

We heve lunch. (私たちは昼食を取ります。)

この場合の have は動作を表します。 eat と同じ意味ですね。
ですから、進行形にすることも可能です。

We are having lunch. (今、わたしたちは昼食を取っています。)

このように、同じ動詞であっても、その文中で「動作」を表すのか、それとも、「状態」を表すのかによって進行形になるかどうかが決まるのです。

(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る