進行形にできない動詞(知覚や感情などを表現する動詞)〜英文法の解説

日本語で「〜している」の形になっていても、進行形にできない動詞もあります。
では、どの動詞が進行形にできないのでしょうか。例示すると、以下のものが挙げられます。

・be動詞
・継続状態を表現する動詞 例えば、belong(所属している)、resemble(似ている)、contain(含んでいる)など。
・知覚や感情などを表現する動詞 例えば、see(見える)、hear(聞こえる)、feel(感じる)、like(好き)、love(愛している)など。
・思考を表す動詞 例えば、remember(覚えている)、know(知っている)、believe(信じている)など。

ここでは、知覚や感情などを表す動詞について説明します。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


知覚や感情などを表現する動詞

知覚や感覚というポイントを強調するために、hear(聞こえる)という動詞を用いて考えてみます。

(×)He is hearing the music.

この文は誤りです。 なぜなら、聞こえるという状態は、人間の五感の一つであり、その動作に意図や意思は存在しないからです。
ですから、以下のように状態説明の表現を使うのが正しいのです。

He hear the music. (彼にその音楽が聞こえている。)

しかし、listen(聴く)という動詞は、動作主の意図や意思がありますので、進行形にすることができます。
例えば、以下のように使うことが可能です。

He is listening to the music.(彼はその音楽を聴いています。) 

同じように、see(見える)とlook(見る)も違いがあります。 see は無意思動詞なので進行形にはできませんが、look は意思動詞ですので、進行形にすることができます。

(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る