現在進行形〜英文法の解説

それでは次に現在進行形の文について見ていきましょう。
英文において、「今、○○を行っている」というように、今現在行っていることや進行している動作を表す表現が現在進行形です。
進行形の表現には<be動詞+動詞のing形>を使います。
現在形には、be動詞は必要ありませんでしたが、現在進行形の場合には必要になることを覚えておきましょう。
また、現在形における、状態を表す動詞は通常はing形にはできません。
というわけで、現在進行形が使われる場合は以下の2つの場合があります。

・今現在、進行中の動作を表現する現在進行形
・今現在、進行中の動作を表現する現在進行形

次のページから詳しく解説していきます。

※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る