文型〜英文法の解説

文型は、下記の5つあります。
重要ですので、しっかり覚えましょう。

5文型>
第1文型 S+V(主語+動詞)
第2文型 S+V+C(主語+動詞+補語)
第3文型 S+V+O(主語+動詞+目的語)
第4文型 S+V+O+O(主語+動詞+目的語+目的語)
第5文型 S+V+O+C(主語+動詞+目的語+補語)

※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


第1文型

第1文型(S+V)で、「Sは[が]〜する」となります。第1文型は、S(「〜は」を表す主語)と、V(「…する」を表す動詞)で成り立っています。「主語+動詞」以外に「修飾語句」がついて、文がかなり長くなることもあります。

S    +   V
Spring +  has come.
(春が来た。)

S    +   V
He  +  works.
(彼は働きます。)

なお、「There is[are]〜(〜がいる、〜がある)」の構文は第1文型になります。
「There」は副詞で、「〜」の部分が主語になります。ですから、この場合、文の並びとしては、「V+S」となります。

     V  +  S
There are  + a lot of flowers in the garden.
(庭にはたくさんの花があります。)

スポンサード リンク


第2文型

第2文型(S+V+C)は、「Sは[が]〜である、〜となる」になります。
主語と動詞だけでは文の意味が成り立たず、「補語」(C)を必要とする文型です。
補語は、主語についての職業や主語の状態について説明します。
「S(主語) =C(補語)」の関係となっていて、CがSを説明しています。補語になるのは、「名詞」「代名詞」「形容詞」です。

S   +  V   +   C
I    + am   +  a  teacher.
(私は教師です。)

S   +    V      +   C
He  +always looks  + happy.
(彼はいつも幸せに見えます。)

第2文型に用いられる主な動詞(後ろに補語が来る動詞)は以下です。

@ 「状態を表す動詞」…be(〜である),keep(〜のままである),feel(〜の感じがする),smell(〜のにおいがする) ,taste(〜の味がする)
A 「変化を表す動詞」(〜になる)…become,get,grow,turn
B 「〜に見える、思われるなどの動詞」…look(〜のように見える),seem(〜のように見える),sound(〜のように聞こえる)

第3文型

第3文型(S+V+O)は、「Sは〜をVとする」になります。
主語と動詞のほかに、「目的語」(O)が必要な文型です。目的語となるのは「名詞」「代名詞」です。目的語(O)は、動詞(V)の動作の対象となるものです。目的語を必要とする動詞は「他動詞」と呼ばれ、目的語を必要としない動詞は「自動詞」と呼ばれます。
目的語は「〜を」と訳されることが多いのですが、「〜が」「〜に」「〜と」訳される場合もあります。

S   +   V     +   O
She +  teaches  + Japanese.
(彼女は日本語を教えています。)

S   +   V     +   O
He  + visited    + the museum yesterday.
(彼は昨日その博物館に見学に行きました。)

S   +   V     +   O
She +  know    +  how to cook.
(彼女は料理の仕方を知っています。)

*この場合ように「how to cook」(名詞句)も「目的語」となります。

場所を表す「〜を」は目的語にならないので注意しましょう。

I walk 〔in the park〕.(私は公園を散歩します。)
〔 〕は、目的語ではない→この例文は「第1文型」です。


「補語」と「目的語」の見分け方

「主語(S)+動詞(V)+□」

この□が補語か目的語かを見分けるには、「S=C」「S≠O」かどうかに注目することです。

She became a pianist. [She=pianist]→第2文型
(彼女はピアニストになりました。)

She saw a pianist. [She≠pianist]→第3文型
(彼女はピアニストを見ました。)


第4文型

第4文型(S+V+O+O)は、「Sは〜に(人)…を(物)Vする」になります。
主語+動詞のほかに、2種類の目的語を必要とする文型です。
動詞の後に「(人)に」で示される間接目的語がきて、その次に「(物)を」で示される直接目的語がきます。
これら2つの目的語になるのは、名詞や代名詞です。

S   +   V   +   O      +   O
He  +  bought +  his mather  +  a bag.
(彼は母親にかばんを買いました。)

S     +   V    +   O      +   O
My sister + told    +   me      +that she was tired.
(私の妹は私に疲れたと言いました。)

*この場合のように「that she was tired」(名詞節)も目的語となります。

第4文型は第3文型に書き換えることができます。

S+V+人+物(第四文型)→ S+V+物+to[for]+人(第三文型) <第四文型>
S   +   V   +   O      +   O
She +  gave   +  him      +a chocolate.
(彼女は彼にチョコレートをあげました。)

<第三文型>
S   +   V   +   O      +   M(修飾語)
She  + gave   + a chocolate  +  to him.

第4文型に用いられる動詞で、第3文型に書き換えたときに、「to+人」、「for+人」のどちらになるかを覚えておきましょう。

・「S+V+物+to+人」…give(与える),bring(持ってくる),send(送る),tell(話す),
teach(教える),lend(貸す),show(見せる)
・「S+V+物+for+人」…buy(買う),get(手に入れる),make(作る),find(見つける)

第5文型


第5文型(S+V+O+C)は、「Sは〜を…にVする」になります。
主語+動詞+目的語のほかに、その目的語を説明する「補語」が必要な文型です。
第5文型では、「目的語(O)=補語(C)」の関係が成り立ちます。

S   +  V    +   O
They + named  + the cat.
(彼らはそのネコを名付けた。)

これだけでは文の意味が分かりませんが、「補語」を補うと完全な文になります。

S   +  V    +   O   +  C
They +named  + the cat   +Mike.
(彼らはそのネコをミケと名付けた。)

ちなみに、第2文型の補語は、主語を説明するのに対して、第5文型の補語は、目的語を説明するものとなっています。

第5文型で用いられる動詞には以下のようなものがあります。

think(〜だと思う),keep(〜を保つ),believe(〜だと信じる),make(〜にする),find(〜だとわかる),name(〜と名付ける),call(〜と呼ぶ),
leave(〜のままにしておく),consider(〜だとみなす)


第5文型と第4文型の見分け方

「O≠O」であれば、第4文型となり、 「O=C」であれば第5文型となります。

            O     +  O
He made  +  his son  +  a toy.
(彼は息子におもちゃを作ってあげた。)

→「O≠O」なので第4文型

            O     +   C
He made   +  his son   + a singer.
(彼は息子を歌手にした。)

→「O=C」なので第5文型


(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る