間接疑問文〜英文法の解説

ある文に疑問文が組み込まれたものを間接疑問文といいます。疑問詞のあとの文が「主語+動詞」の語順になるので注意しましょう。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


間接疑問文の作り方

間接疑問文の作り方は、「疑問詞+S+V」にします。

I don't know.+ Who is he?
→I don't know who he is.(私は彼がだれか知りません。)

I wonder.+ Where did she come from?
→I wonder where she came from.(彼女はどこから来たのかしら。)

疑問詞が主語になる場合は、疑問詞の後にすぐに動詞がきます。

Do you know? + Who broke this?
→Do you know who broke this?(だれがこれを壊したか知っていますか?)


(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る