名詞句、形容詞句、副詞句〜英文法の解説

このページでは、名詞句、形容詞句、副詞句とは何なのか、句の種類について説明しています。句の種類がわからなくなれば、このページを読んでみてください。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


名詞句

名詞句とは、名詞の働きをする句です。主語、目的語、補語になります。普通「〜すること」という意味です。

(例)

1.【Playing tennis with friends】is fun.
(友達とテニスをすることは楽しいことです。)

→【 】は、名詞句です。動名詞(主語)です。

2.She wants【to buy a bag】.
(彼女はかばんを買いたい。)

→【 】は、名詞句です。不定詞(目的語) です。

3.Mike's dream is 【to be a doctor】.
(マイクの夢は医者になることです。)

→【 】は、名詞句です。不定詞(補語)です。

形容詞句

形容詞句とは、形容詞と同じ働きをするもので、後ろから名詞、代名詞を修飾します。
現在分詞、過去分詞、不定詞、前置詞+名詞といった形となります。

(例)

1.I know the boy 【talking your father】.
(私はあなたのお父さんと話している少年を知っています。)

→【 】は、現在分詞の形で、前にあるthe boyを修飾しています。形容詞句です。

2.He can read a letter 【written in English】.
(彼は英語で書かれた手紙を読むことができます。)

→【 】は、過去分詞の形で、前にあるa letterを修飾しています。形容詞句です。

3.I want something 【to eat】.
(私は何か食べるものが欲しい。)

→不定詞の形で、前にあるsomethingを修飾しています。形容詞句です。

4.The textbook 【on the desk】 is mine.
(机にある教科書は私のものです。)

→前置詞+名詞の形で、前にあるThe textbookを修飾しています。形容詞句です。

スポンサード リンク


副詞句

副詞句とは、副詞と同じ働きをするもので、動詞、形容詞や副詞、また文全体を修飾します。
その多くは、不定詞や前置詞+名詞の形となっています。

(例)
1.I went to America 【to see my friend】.
(私は友達に会いにアメリカに行きました。)

→【 】は、不定詞の形で、wentを修飾しています。副詞句です。

2.She stopped【in front of the door】.
(彼女はドアの前で止まりました。)

→【 】は、前置詞+名詞の形で、stoppedを修飾しています。副詞句です。


(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る