文の要素〜英文法の解説

このページでは、文の要素を説明しています。文の要素がわからなくなれば、このページを読んでみてください。
※)このページでは、すでに中学英語を理解している人に向けて、文法の解説をしています。中学英語が理解できていない場合は、あらかじめ、「基本にカエル英語の本(スリーエーネットワーク)」「もう一度中学英語(日本実業出版社)」「眺めてわかる英語の本(あさ出版)」のいずれかを読んでおくことをお勧めします。

スポンサード リンク


主語と述語動詞

文の構造はふつう、「〜は」を表す主部と、「〜する」を表す述部から成っています。
「S」で表される主語は主部の中心となるもので、名詞や代名詞が主語になります。
「V」で表される述語動詞は、述部の中心となるものです。

[例文] 主部 / 述部
Mari / danced on the stage.(マリはステージで踊りました。)
He / can sleep at any time.(彼はいつでも眠ることができます。)
The supermarket / close at nine.(そのスーパーマーケットは9時に閉まります。)


目的語と補語

動詞の後にきて、その動詞の動作を受けるものを目的語といいます。
目的語はふつう、「〜を」と訳されますが、「〜が」「〜に」と訳されることもあります。
目的語は「O」で表され、名詞や代名詞が目的語になります。

[例文]
主語  動詞    目的語
 I    use   this textbook.
(わたしはこの教科書を使います。)

主語   動詞    目的語
 I     like    the picture.
(わたしはその絵が好きです。)

動詞の後にきて、主語についての説明を補う語を補語といいます。
補語は「C」で表され、名詞、代名詞、形容詞が補語になります。

[例文]
主語         be動詞     補語
My husband      is       a doctor.
(わたしの夫は医者です。)

主語    動詞    補語
He     looks    healthy.
(彼は健康そうに見えます。)


スポンサード リンク


修飾語

ある単語について説明を加えたり、意味を限定して述べる際に用いる語を修飾語といいます。
修飾語はMで表され、名詞を修飾するものを「形容詞」、動詞や形容詞や副詞を修飾するものを「副詞」といいます。

[例文]
1.My brother went to the park.(私の弟は公園に行った。)
2.The gails in this class are very quiet.(このクラスの女子はとても静かだ。)

1ですが、「My」は「brother」の修飾語で、「to the park」は「went」の修飾語です。
2ですが、「in this class」は「The gails」の修飾語で、「very」は「quiet」の修飾語です。

(文責:T)

「英文法の解説」のトップページに戻る